忍者ブログ
音楽を中心に雑多に書き散らしてるブログ。
アニメ『SHOW BY ROCK!!』の待ちに待った第2期本放送。
既に先行上映会で2回観ていますが、何度でも観たくなるそんな第1話です。


あらすじ
 MIDICITYの一大テーマパーク「ぴゅ~るランド」の
 完成記念ライブという大舞台の出演を目指そうと盛り上がる
 「プラズマジカ」と「シンガンクリムゾンズ」のメンバーたち。
 さらに、社長の有栖川メイプルからBRR (Branded Rocking Records)
 主催のライブイベント開催のニュースを聞いて一段と気合が入るのだった。



Avant-Title
 スペクタクルな宇宙空間、チャーチオルガンとクワイアによる荘厳な演出、機動云たらの宇宙船の艦隊、近未来的なインターフェース、何から何まで「これから何が始まるんです?」という困惑と期待に包まれる。だって、SB69こんな雰囲気じゃなかったんだもん。年甲斐もなく凄くワクワクした。
 SB69の世界観では初めて惑星そのものの名前が出たのかな?サウンドプラネットと云うらしい。ブラックホールカノンの作画本気度はもはや別作品と言っても過言ではない。そして、砲撃後の挿入歌、これがもう完璧だった。落下してくる砲撃の導線と”見下してあげる”のリリックのシンクロ率100%、完・璧ッ!という他無いでしょう。いきなり大好きなBUD VIRGIN LOGICの登場はもの凄く心昂ぶったし、ここだけで飯が何杯でも食える。最早BVLの新曲PVさながらの密度である。故に何度でも観れてしまう。

・ブラックホールカノンは砲撃のカノンと音楽のカノンを掛けてる。
・「×旋律-Schlehit Melodie-」でまたSB69は好みのド真ん中を突いてきた。
・アイレーン様ちっちゃい!可愛い!
・見下シテアゲル♪ \踏んでー!/
・”依存の淵で”のとこのアイレーン様のカット超好き。麗しや~。
・跪け! \踏んでー!/
・ギターソロ後のアイレーン様口元アップのニッ!のダークヒロイン感さ~いこぅ↑
・忍迅雷音の本格登場ぅうおおおおおお!(もうダメだ


A-Part
 忍迅雷音の忍法ライトニングシュリケン!応ッ!によって過去へ、時系列的にはシアンが元の世界に帰った後続き。BRRにクリクリことクリティクリスタが加わったというのはクリクリ好きーにとっては非常に嬉しい展開である。そして、おざなりな扱いのシンガンクリムゾンズ(笑)。彼らが登場するとあぁ帰ってきたんだなぁって言う”実家の様な安心感”を抱いて実に心地いい。やっぱ可愛いぞシンガンの野郎ども。

・ロージアたん!JCー!JCー!
・社長とアンゼリカさんのやりとりも安心する。
・ロージアちゃん、主席らしくあざとく煽っていくスタイルを貫く姿勢良し!
・やり過ぎの自覚はちゃんとあるのでやっぱ根っこは良い子だ。だから好き。
・チュチュは相変わらず苦手意識が強いな。
・レジェンドオブ情けなさ。


B-Part
 BRR主催のライヴが開催。早速斬り込み隊長のシンガンも新曲「背徳のカタストロフィ」をお披露目。BVLの新曲にしろシンガンの新曲にしろ、のっけからチェンバロ尽くしでわたくしは超嬉しいぜ!プラズマジカの出番、暗転BVL登場に第1期の黒幕ダガー・モールスの再登場とプラズマジカへの復讐、遅れて忍迅雷音参戦、速いテンポでどんどんブッ込んでくるから全く飽きない。
 主役は遅れてやってくるもの、ここまで全く出番のないシアンも最後にしっかり存在感を発揮、流石主人公である。挿入歌の「流星ドリームライン」はスロウバラッドで更に真価を発揮するのがやはり素晴らしいし、まだ活きるっていうのがこの曲の凄さというか底知れなさというか。作品の本質である音楽でとことん引き込んでいく根っこの部分にブレがなくて、もうどこまでもついていきます!って感じだ。しかし、詩杏でなくても部屋に神威が来たら怖いわ(笑)。神威の描き込み凄いけど、あそこは何度観ても笑ってしまう。

・行くぞ家畜どもー! \出荷してー!/
・クロウくんのドアップカメラアピール超可愛い!
・楽屋でも徹底的に煽っていくロージアちゃんイイゾ。
・シンガンのステージを何だかんだでご満悦な表情で見守る社長好き。
・プラズマジカをいちごショートで表すツキノたんイイゾ。
・何だかんだで気にかけてるロージアちゃんのそういう根っこの良さが好き。
・相変わらずダガー怖い、というか黒田さんがガチ過ぎて怖い。
・ロージアちゃんすっかりトラウマ。助けてシアンさん!
・弁当に夢中のシンガン、こいつらのこういうとこホント好き。
・アイレーン様の前で構えるペイペインとハンドレッコの構図良い。
・ハンドレッコのスティック捌きもといブレード捌きカッコイイ。
・嵐くん可愛いでござる。
・3代目クリムゾンナックルとは。
・詩杏の一人芝居可愛すぎか!手の動き可愛すぎか!
・感動の「流星ドリームライン」がシンガンのせいで尺が足りなかったっていう池添監督談が今思い返しても笑える。
・神威に導かれてお約束の脱衣で空間移動、素晴らしい顔芸&口蓋垂でした。


ED-Theme
 第1期以上に和気藹々としたミューモン姿のプラズマジカにほっこり。リリックの内容もよりストレートに距離感を詰めた表現がなされていて、これが作詞レトリーで当てられてるのがもう最高じゃん。”ずっと大好き”だなんてコミュ障のレトリーの心の変化か成長の証か、ただただ泣ける。

PR


8月末~9月末までの個人的なSB69月間が終わりました。
激務期間だったにも関わらず心身ともに健やかだったのは間違いなくSB69のおかげです。

2016/08/31 SHOW BY ROCK!! "3969" SUMMER FES 2016 in MIDICITY
2016/09/18 SHOW BY ROCK!!# 第1話先行上映会@丸の内ピカデリー3
2016/09/25 SHOW BY ROCK!!# 第1話先行上映会@サンリオピューロランド メルヘンシアター
2016/09/27 SHOW BY ROCK!! THE GREATFUL ROCK MUSEUM@西武池袋本店別館2階


SHOW BY ROCK!! "3969" SUMMER FES 2016 in MIDICITY

ゲームアプリのタイアップバンドが集うフェス。
今年は念願がかなって有給取得に成功し参戦となりました。
感想は端的に言って、超楽しかったです。
ゲームアプリで遊んでてキャラに思い入れがある人は超が付くほど楽しいと思う。
だって音源には無いグルーヴに乗って音がガンガンくるんだよ?感激もんだよ。
個人的な特筆としては…
「オーロラ」のサビをシンガロングした所でリリックが刺さって涙腺決壊。
「Emperor Time」のサビの解放感に心酔して変なスイッチ入って滅茶苦茶にはしゃいだ。
推しバンドはラペッジオートとしにものぐるいですが、退屈する瞬間が1秒も無かった。
充実の約5時間、素晴らしい時間をただただありがとう。


SHOW BY ROCK!!# 第1話先行上映会@丸の内ピカデリー3

待望のアニメ2期の第1話先行上映会。
続編制作がこれほど嬉しいと思える作品は何だかんだで『ファンタジスタドール』以来だ。
個人的な楽しみと言えば、以前記事したBUD VIRGIN LOGICがどう絡んでくるのかだ。
で、第1話はそんなわたくしの期待に圧倒的なクオリティーで以て応えてくれました。
とりあえず、導入部はもう別作品、え?ナニコレ感に支配された。
んで、主役差し置いていきなりBVLによる挿入歌。この時点でもう優勝。
挿入歌の入れ方と演出、完璧としか言い様が無かった。
1期の「迷宮DESTINY」で頭を殴られたあの衝撃を更に超えてきた。
感激し過ぎて何故か涙が流れてたのを覚えてる。
アイレーン様が歌ってる!動いてる!その見下した表情、イイ!(もうダメだ
他、1期では名前しか露出しなかった忍迅雷音が活躍していたのが嬉しかったな。

キャストトークではやはり池添監督の話を聞く度、作品の完成度と直結しているのを感じて、改めて監督をやってくれて良かったなぁと思った。それから稲川英里さんはアプリから看板を背負っているだけあって、作品への愛情が人一倍深く一生懸命さが伝わってくる。個人的に注目していたアイレーン役の野口瑠璃子さんからは、挿入歌の収録を部屋の照明を落として闇の雰囲気を作って録ったとかなんとか制作裏話を聞くことができて良かった。彼女の歌声には既に「Fobidden」で惚れているので、歌への姿勢が聞けて嬉しかったな。


SHOW BY ROCK!!# 第1話先行上映会@サンリオピューロランド



この歳にしてピューロランド初体験。しかもソロで(笑
出演キャスト的に視てもどう考えても女性ファン向けです本当にありがとうございます。
先行抽選で当たったのがこちらだったので当初は仕方なく、でしたが1週間前に観たBVLの挿入歌がまた観られるヨッシャー!だったので結果オーライ。ピューロランドも行ってみたかったし。
女性率約9割の中で男性声優のキャストトークを楽しむ、という新鮮な体験が出来てこれはこれで面白かったです(小並


SHOW BY ROCK!! THE GREATFUL ROCK MUSEUM



偶然にもお仕事が早めに終わった為、初日に行ってきました。
ファンには堪らない幸せの空間であった。
一枚一枚原画に魅入っては可愛い...と声を漏らすわたくし。
シンガン勢の表情の描き込み具合は本気というかソウル、魂を感じた。
個人的なお気に入りと言えばやはり「しょ~と!!」のロリ吽ちゃんである。4話カット15の三味線を慈しみながら弾く表情、正に天使と形容する他なく、実に素晴らしい。他、「しょ~と!!」12話カット33のシュウ☆ゾーくんの凄んだ表情も大好きだ。
グッズは色々とあったが、とりあえず展示原画が網羅されてるパンフと原画展用に描き下ろされたお師匠のウォールキャンバスをバイ。徳が高まりそうである。


Artist: BUD VIRGIN LOGIC


-Track List-
01. ソラウソ
02. オヤスミパラノイア
03. Forbidden



ばら苑にて『黒真珠』と運命的な出会いを果たしたものの、かの姿に見覚えがあったりして、それが何だったのか?記憶の整理をして漸く思い出しました。そう、これこれ、このアートワークね。まさしく『黒真珠』、あの惹かれ合いは運命ではなく必然だったってワケ。

アプリ『SHOW BY ROCK!!』(以下、SB69)より、今年新たに追加されたニューフェイスのひとつ、その名もBUD VIRGIN LOGIC(以下、BVL)の楽曲集(シングル)。彼女らに一目惚れして、ガチャ回して3人のURを即揃えた程度に大好きなのだけど、やはりSB69の本質はロックだ。何より楽曲に惚れてテンション有頂天脳内大騒ぎ、それが3月くらいの出来事(結構前だな


01. ソラウソ

BVLの楽曲で全身に電撃が走ったのはどちらかと言えば後述する「Forbidden」の方だが、聴けば聴くほど旨みを増して聴き入ってしまうのは「ソラウソ」だと個人的に思っている。静のAメロ/Bメロから動のサビへの展開が気に入っていて、特にサビでストリングスをダイナミックに鳴らし、後押しされるように泣きのヴォーカルが天空へと突き抜けて響いていく様が胸にグイグイ入ってきて堪らない。ミューモンたちのメロディシアンが音楽と共鳴する感覚ってきっとコレなんだと思った。

“黒いインクが滲むように汚れてしまった水晶体でも奇跡が見たいよ”

Janne Da Arcを彷彿とさせるギターソロへ繋げるCメロは一番の聴きどころだ。闇に生まれ落ちた獣の慟哭の様に聴こえ、胸にガンガン響いてくる。"汚れてしまった水晶体"とは闇堕ちしたメロディシアン、つまりダークメロディシアンの事を指すのでしょう。アイレーン(中央の子)がアニメ版の悪役ダガー様のヘアピンを身に付けてる事も含め、何か臭わせる一節だ。


02. オヤスミパラノイア

妖艶な鍵盤の調べが乱舞するイントロダクションが全て、それがこの曲の大好きなところだ。彼女らのイメージに沿ったゴシックな雰囲気と言うか、中二を患ったV系の様な雰囲気で、リリックの言葉選び並びなんかもそれっぽい。

“愛憎ギットギトに 夜が輝いた”

ダンサブルに突進していくサビで特に好きなフレーズ。なんか油汚れみたいな表現だなとは思いつつも、言い得て妙かもなと妙に納得してしまう。だって、愛憎がギトギトだぜ?それアリだなって思っちゃう(笑


03. Forbidden

聴いて全身に電撃が走る、それは例えば「迷宮DESTINY」であったり或いは「あすいろ恋模様」を聴いた時に体感した様な衝撃のことを言う。そういう出会い方をした楽曲は、もれなくわたくしに貪るようにヘビロテされる運命にある。はっきりと言ってしまおう、わたくしの好みのド真ん中を抜いてきた楽曲であると。

3曲中最も攻撃的なのは苛烈なイントロダクションを聴けば言わずもがな。そこから一気にスっと引いてクリーントーンを薄ら鳴らしてヴォーカルを聴かせるAメロに持っていくのズルいよなぁ。歪んだギターリフと共にクールに立ち上げつつ瞬間的に鍵盤の伴奏を挟み緩急の妙を魅せるBメロも良い。ブレイクからヴォーカルのアウフタクトでサビへ激しく展開していく構成、これが大好きだ。分厚いバッキングリフと共にバウンスするドラムを背に慟哭するヴォーカルが耳に突き刺さって、惚れ惚れするほどに気持ちが良い。2サビ前なんかは、ブレイクしてた隙間にリフのフィルインで埋めるアレンジしちゃってさ、もう格好良いのなんの言うことなし。

“激しく揺れる胸の振り子が 大切なものを壊す前に”

ここのヴォーカルの訴求力素晴らしいというか、胸にガンガン響いてくるんだよね。自己とは別の意識の存在を臭わせるリリックって好きなのよ。"大切なもの"に色々と詠ませるところもニクい。


SB69は去年「迷宮DESTINY」を始め「流星ドリームライン」や「あすいろ恋模様」でわたくしの心に爪痕を遺してくれたが、今年は新人のBVLが早速爪痕を遺してくれた。個人的には上半期ベストに名を残すのはこのBVLだ。
来たる10月にはテレビアニメの2期が控えていて、先日公開された2期キービジュアルでもBVLと思わしき姿を確認したのでそりゃあもうわたくしのテンションMAXだ。アイレーンと同じくライオン族の闇の太陽神アイオーンとの関係は?ダガー様との関係は?キャスティングは如何に?アニメ用新曲、当然あるでしょ!(ぇ)もう楽しみで仕方がない。尚、2期キービジュアルにはもうひと組ニューフェイスが確認できるんだけど、そちらの方もyasuがかっていて気に入っているので、また別の機会に楽曲と共に紹介したいと思う。


| HOME |
管理人

竜美 悠(You Tatsumi)
サンキュー!
アラーイさーん♪

島に転職しました。
Recommend






















ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]