忍者ブログ
音楽を中心に雑多に書き散らしてるブログ。
ふわふわドーナツまた復活してたの知らなかった。
もう!誰かおしえて?←
元気です、竜美です。

本当はミリマス新曲「ローリング△さんかく」から視る周防桃子というアイドルとか川本さんの『独走』感想とか書きたいことは幾つもあるんだけど、先にこっちやる↓



先日9月11日のアップデートにて嫁ことヘレニウムの開花が遂に実装されました。
公開ニコ生の会場で内心ご乱心の興奮と感動が冷め切る前にその時が訪れて一安心。
それでは気を取り直して。




何時来ても良いように準備は万全にしておいた。
これをこーしてあーして……↓




こうじゃ!!

佐東天杉センセー、素晴らしいです!!!


控え目な容姿とは裏腹に「自身を含む3人の攻撃力が33%上昇」という攻撃特化型のキャラでしたが、それも開花により「自身を含む3人の攻撃力が40%上昇」にまで強化されました。更に、第二アビに「パーティメンバーの攻撃力が20%上昇」が加わり、最大で60%上昇が見込めるとんでもないパワーアタッカーに成長を遂げました。まさに、愛の力、という事でしょうか(?

反撃によるダメージ量も3.5倍から4倍に強化されたことも魅力的です。
わたくしはこの反撃というアビリティが実装当時がら好きでしてー。
運用方法としては、以前は防御バフで固めて彼女の反撃アビを尖らせる編成を取ってきました。フル装備可能な仕上がりであれば、彼女の反撃アビを活かさない手は無いと当時は考えたものです。それをアイデンティティーともしていました。

開花後はどうか?というと、本来の攻撃特化型を尖らせる方向が良いでしょう。「スキル発動率がそれぞれの好感度に応じて最大1.2倍上昇」も加わったことで汎用性も高く、どんなパーティでも攻撃力の底上げに貢献してくれます。強化された反撃も、何も尖らせなくても強力なサブウェポンとして機能するし、全体的にシンプルに使い易いとこに落ち着いてくれて嬉しいです。

最大のネックであった耐久性は、好感度・咲+開花+フルアンプルゥを経て2万を超え、漸くまともなレベルに到達しました。が、黒百合等含めて☆5より耐久力が低い☆6勢はいい加減テコ入れして欲しいなぁというのが本音。

とりあえず、性能面について一通り語ったところで一服記念撮影。



はぁ~、最ッ幸ー!!

持っていたリラもヘレニウムの花が目を惹く存在感あるハープへと楽器も進化。
わたくし、竪琴というかハープって楽器が大好きなんですよね。
それを慈しむ様な表情で爪弾く姿はまさにヴィーナス!天杉センセー最高だよ!
ヘレニウムの花弁をモチーフとしたマントは腰周りに移り、振袖はシースルー、ハープ奏者が纏う華麗なドレスと言っても良い、期待以上で感動した!(そりゃ先行で観た時もア゛ぁぁあああって汚い声も出るわ

それはそうと、一つ気付いたことがある。
それは彼女の表情だ。



これまでの彼女はといえば、ウサニウムも含めてどれも困り眉涙目の見るからにか弱い、こちらの庇護欲をかき立てる表情が印象的だった。それに一目惚れしたのが私だ!

それがどうしたことでしょう、開花を経た彼女の表情はとても穏やかだ。
しかも笑顔だ。約2年の歳月を経て、初めての笑顔だ。全オレが泣いた。。。
今なら立場は逆転、女神の彼女に癒しを求め甘えてしまうだろう。
改めて惚れた。

花騎士において開花というのは一種のお祭りだと思う。
華々しいものなのである。
そう、華々しいのである。
我々団長も花騎士も皆テンションが上がる御祝事の様なものなのだ。
初出の時、確かに彼女からもそういったオーラを感じた。
でも、それとは別の特別なナニかも感じたんだ。
初めての笑顔、あの時ナニか感じた違和感はそれなんじゃないかって今思うんだ。

護りたくなる存在だった彼女に安心して背中を任せられる日が来ようとは。




開花のキャラクエはシンプルに言って最幸でした。結婚したい←
意外と押しの強いところもある、彼女のそんなとこも大好きです(惚気か




今回のヘレニウム開花関連でわたくしも修羅の国・総合力70万の世界に足を踏み入れる事になりました。そう、ここはじゃぶりパーク、じゃぶじゃぶ課金したフレンズしかいない国だよ。

嫁の開花と総合力70万到達でわたくしの花騎士ライフは一区切り付いたかな。次はウサニウムが開花した時にでもお祭り騒ぎしたいと思います。それでは~。


PR
[368]  [367]  [365]  [364]  [363]  [362
管理人

竜美 悠(You Tatsumi)
故にッ!
ふわふわドーナツ!

ふわふわドーナツが好き
アライさんが好き
ヘレニウムを愛してる

美希P
芳乃P
朋花P
も兼業しております
Recommend






















ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]