忍者ブログ
音楽を中心に雑多に書き散らしてるブログ。

Title:鵺-chimera-
Artist:ギルガメッシュ
Release:2016/1/20


-Track List-
01. Introduction
02. slip out
03. 鵺 -chimera-
04. wither mind
05. Horizon
06. END
07. Bonus track. Big Bear Remix from gravitation



“その目に焼き付けろ 俺が生きた姿を”

2016年7月10日、『girugamesh ONEMAN TOUR 2016 “鵺 -period-”』を以てギルガメッシュは解散した。12年の活動に終止符を打つことに未練を微塵も感じさせない完全燃焼でスッキリと幕を下ろした、実に彼ららしい痛快なラストライヴでした。まずは12年の活動お疲れ様でした。わたくし個人としては、兄妹が同士となりバンドを楽曲を語り合い楽しむ機会を与えてくれた事に感謝したい。本当にありがとう。


俺たちは2016年7月10日に解散します。
でも、俺たちが生みだした曲たちは永遠にこの世に生き続けます。
この先みんなの大切な人、家族、友達に「こんなカッコいい曲あるんだよ」、「こんなカッコいいバンドいたんだよ」って語りつないでいってくれたら、俺たち12年間やってきた意味が持てます。
これからギルガメッシュを生かすも殺すも、ここにいるみんな次第だからな!


―アンコール Vo.左迅のMCより―


ここでこんな事を言うのもアレなんだけど、わたくしにとってのギルガメッシュって好きだけど特別一番とかじゃないのよね。メロディアス且つプログレッシヴでポップネスが在るJanne Da ArcとかSeventh Wonderとかがやっぱりわたくしにとってのヴェルタースオリジナルなのよね。とは言え、それ等と同等なくらいに心に残ってる楽曲が幾つもあるのがギルガメッシュってバンドの不思議な所と言うか、ホント何なんでしょう?

アンコール中のMCで左迅が語りかけてくれた様に、生み出された作品はただそれだけで存在の意味は持たなくて、誰かが語り継いでいく事で初めて存在の意味を持ち、それこそ生き続けるモノだと彼の言葉に共感したものでした。辺鄙なところで趣味で文章を綴っているわたくしに出来ることは、語ること、それしかないのです。それでは現時点での最新作であり最終作でもあるミニアルバム『鵺-chimera-』について。

『鵺-chimera-』は鵺(ぬえ)と書いてキメラと読む。ヌエとキメラでは組み合わせの動物が違うし、鵺の伝承も諸説様々ありますが、ここではシンプルに合成獣という捉え方で問題ないでしょう。ラウドネスとポップネスのバランスが優れた傑作である13年発表『MONSTER』である種の迷走期から見事に軌道修正を果たし、翌14年には『gravitation』で原点回帰どころか過去最高のラウドネス/ヘヴィネスを発揮し、わたくしを驚かせ感動させてくれた事が記憶に新しい。

では『鵺-chimera-』はどんなもんじゃい?と言うと、『gravitation』の路線をそのままアップデートしたかの様に見せつつ、過去の暗黒面を汲み取った不穏さや禍々しさといった負のエッセンスを加えた、まさしく合成獣の如く牙を剥いた作品に仕上がってると思った。中でもやはりリードトラックの#3「鵺 -chimera-」がそれだと思う。重厚なボトムに支えられたバッキングで以て動と静の緩急を効かせた楽曲展開に、サビは鬱屈とした主題メロディーを背に左迅がクリーンで伸びやかに歌い上げる、これまで在ったようで無かったようなプログレッシヴな楽曲だ。特にわたくしはこのサビを彩る主題メロディーが中々にデプレッシヴで気に入ってる。それからやはり2サビ後の怒涛の展開が素晴らしい。怒りを燻らせながら徐々にボルテージを高め、ブレイクから鬼の形相で吐かれるグロウルと共にブルータルに雪崩込んでいく凄まじさは実に痛快だ。歌モノDjentのお手本みたいなダーク・バラッド#6「END」も特に気に入ってる。オルタナティヴ・ヘヴィさながらの重厚な刻みにデプレッシヴ且つリリカルなメロディー、それらに溶け込む左迅の囁き語りかける様なクリーンヴォーカルと慟哭の様なグロウル、スロウチューンでありながらも耳を引く要素が沢山有り、丁寧に創り込まれた跡が聴いて取れる。他、禍々しく攻撃的な#1「slip out」、トランスコアとDjentの刻みを彼ららしく昇華した#4「wither mind」、ダンサブルでご機嫌ハイテンションな#5「Horizon」と色濃いナンバーが揃っていて、バンドの円熟味を感じさせると共に、この先未来に期待を持たせてくれた。それがリリース後にヘビロテして抱いた1月時点での率直な感想(ぇ



“君の中でそっと この歌声ずっと 生き続ける様に”

2016年7月10日解散したその翌日からこの1週間、特別一番でもないと言った筈のギルガメッシュが無性に恋しくなってずっと聴いてきた。それから歌詞もなんとなく読み直していた。特に作品のエンディングをバラッドで飾る#6「END」は、"この先未来に期待を持たせてくれた。"なんて随分ズレたこと感じてたんだなぁって思ってね。深読みし過ぎずに正面から向き合えば、これかなりストレートにバンドの終焉を歌っていたんだね。

あぁ 形ある物は壊れ
君の中でそっと この歌声ずっと 生き続ける様に


2Aメロの歌詞。ここだけ左迅のヴォーカルにエフェクトが掛かって霞ませるアレンジをしてる。つまり、お前ら特にここを聴いてくれ!ってことでしょ?サビ→オルタナティヴ・ヘヴィな間奏の後に重厚なバッキングがスっと引いて、ここだけ儚くリリカルに響かせるの滅茶苦茶ズルいよなぁ!このコントラスト超あざとい!だから、この曲スロウナンバーであろうが大好きなんだよね。ラストライヴを観た後だと、MCで語った言葉とここのリリックが重なって聴こえ、ちと胸が痛む。"君の中でずっと この歌声ずっと 生き続ける様に"、これがギルガメッシュの祈りであり願いでもある。合成獣の如く醜く美しさとは無縁の最低最悪のバンドだったけど、なんだよ最後の最後でとびっきり美しいリリック遺しやがって。ほんと、素敵。。。

目を背ければ楽だよ でもね
今日もどこかでまた一つ 生きる事を諦めた命が
限られた時間の中 歌い続ける
希望をくれたのも 奪ったのも君だった


わたくしね、ここの冒頭を"でもね"で切り返すところが凄く好きなんだ。言葉の響きが凄く優しくて胸を打たれる。恐らくこの作品がリリースされる前には解散は決定していたんだと思う。リリースされる1月20日から国内ツアーとユーロツアー、そして7月10日のファイナルまで"限られた時間の中 歌い続ける"って事だったのかなぁとも読めてしまって。それから最後の"君だった"を私はファンと詠む。ファンという存在はバンド側にモチベーションを与えると同時に、ある時を堺にプレッシャーを与える存在でもあると私は思ってる。彼らなりの感謝と悪態の表れかと思うと、ちょっとフフってなる(笑)。

その目に焼き付けろ 俺が生きた姿を

合成獣の如く醜く禍々しいグロウルで慟哭する最後の一節は、解散後の今なら最後の別れの言葉だったと受け取ることができる。

ギルガメッシュってバンドはおつむが良いバンドでは無いし、楽曲も不格好だったし、クオリティーの高さ?なんて基準が曖昧なモノサシで測ったとしても、まぁ優秀であるとはとても言えない。でも、彼らの音と言葉には力があったと思う。我々の心に直接ぶつけてくる歌詞と歌そのものに爪痕を残す力があった。冒頭で"ギルガメッシュってバンドの不思議な所"と自己への問いかけをしたけど、今回書きながら整理していて不思議が鮮明になった、と思う(自己解決)。
海外での人気、特にユーロ圏での人気を獲得していたにも関わらず、全編英詞バンドに陥ることなく日本語詞で貫いてきてくれたこと、そこは大きく評価したい。一音一文字の日本語詞特有の響きが好きなわたくしにとって非常に大事なこと故に。わたくし達兄妹は確かにギルガメッシュの音楽を、歌詞を、噛み締めるように心に刻んで聴いていたよ。特別でもないとか言ってごめんなさい。アナタ達は充分特別な存在だったよ。失って初めて知る、ではダメなんだよね。

12年間お疲れさま!そして、ありがとう!







PR

Title:gravitation
Artist:ギルガメッシュ
Release:2014/9/24


-Track List-
01. Go ahead
02. gravitation
03. Not Found
04. reflection
05. Vortex



とある友人からJanne Da Arcというヴィジュアル系バンドの音源を薦められ、それ以降彼から薦められるがままに音楽を聴いていた。ある程度ヴィジュアル系のなんたるかを認識した私は、やがて自ら音楽をバンドを探るようになり色々なバンドに出会った。その幾つかの内に"ギルガメッシュ"というバンドがある。約10年前の話だ。

去る11月29日、ギルガメッシュの今年ラストとなるワンマン『girugamesh ONEMAN SHOW「2015→2016 “鵺”」』を観てきた。彼らのワンマンライヴを観たのは今年3度目、何だかんだで気が付けば今年のライヴで最も観たバンドになった。そして、それに伴い最も多く旧譜を聴いたバンドもギルガメッシュだ。ある時はドルヲタ、またある時は声豚、そんな私が男臭いギルガメッシュ漬けの一年だ。どうしてしまったんだ竜美、というお話です。

そんな訳で今年一番お世話になった旧譜、ギルガメッシュ現時点での最新ミニアルバム『gravitation』について触れないワケにはいかない。彼らからスッパリと離れてしまった私に妹が「これ聴いてみな」と差し出してきたのがこの作品だ。期待薄のままとりあえず聴いてみた私の感想は感激したの一言に尽きる。

薄ら儚い電子音とゆったりと歌い上げる左迅のヴォーカルによる静かな入りで作品へと引き込んでいく「Go ahead」。穏やかな導入部とは裏腹に、グロウルと共にDjentのリフの強烈なヘヴィネスを以て耳を刺す攻めのAメロでガッチリ心を鷲掴み。一時期はHIP HOPからカラフルなPOPSにまで染まりチャラい道玄坂まっしぐらだったあのギルガメッシュからまさかこの音を聴くことになるとは思いもしなかった。トランスコアの様相を呈したDjent、もうこれだけで私は感激モンだよ。ラウドなA・Bメロに対し、サビはメロディアスな歌メロが響き、ギルガメッシュ本来の良さが遺憾無く発揮されている。素晴らしい!メロウなギター・ソロの後に展開するメロディアスな大サビは感動的で、最後にまで聴きどころが用意されている。こんなに動と静を器用に操るバンドではなかった筈で、10年活動を継続してきた成長の証か。凄い。

傷だらけになっても 叶えたい夢
何一つ犠牲を 払えぬのなら 掴めない


過去のギルガメッシュの事を歌っているようなリリックだ。ジャンルに拘らずやりたい様にやってきて付いてきた賛否両論、いやむしろボロクソの否定が多かったことだろう(私もその一人であるし)。夢を叶える為の道のりは楽しさよりも苦しさの方が同じくらいかむしろ多いくらいだ。それは左迅もツアーファイナルのMCで語っていた。それでもやりきる覚悟があるか?

いつかは 消えていく 命を燃やして
全て"今"に 賭けてみろ


サビの続き。ギルガメッシュの作品のタイトルで『NOW』があるように、彼らは常に"今"に拘って生きてきた、そんな事が伝わってくる。彼ら自身へ、そしてファンへ、夢の為の努力は苦しく険しいものだけど今を精一杯やろう、と叱咤激励しているようで私は好きだ。

メタルコアの突進力があるリフとキャッチーなメロが印象的なファストチューン「garavitation」は「Go ahead」の流れを汲んだ内容でこれも気に入っている。頭を振るところでも聴かせるところにおいても随所でリフワークが冴え渡っていてバッキングの聴き応えがある。雄大に疾走していくサビはやはり左迅のメロディアスな歌が響いて、ラウドさとキャッチーさのバランスの良さがギルガメッシュらしくてとても良い。

失う事に もう怯えるな 最後に頼れるのは お前自身だ

1曲目の「Ga ahead」で伝えきれなかったことをここで改めて力強く伝えている。前向きで力強さに満ちたリリックで心に響いた。韻で固めていて決まりも良い。こんなこと歌わなかった記憶があるけど、やっぱり彼らは内面から変わったんだなぁ。

エレクトロニクスとヘヴィネスを織り交ぜた「Not Found」はバウンスするノリの良さはDispersRayを彷彿とさせる。ブロステップとDjentのミスリード・グルーヴを同時に操ってみせたり、一昔前の彼らでは考えられなかった音に感心感心。Djentが特に顕著なファストチューンの「reflection」は、全編に渡ってグルーヴィーなヘヴィネスが炸裂している。複雑奇怪なリフワークを弾きこなしていて、安定した演奏力はかつてのモタつきリズム隊を想えばその成長っぷりは凄いし感動する。

作中、攻撃的な意識が最高潮に達する「Vortex」は最早プログレッシヴ・メロデスと言っていい程の邪悪なヘヴィネスとグルーヴが炸裂している。グルーヴィーなリフワークに爆撃絨毯の如く腹に響くツーバス、これだけでイントロの掴みはバッチリだ。凄まじく安定したツーバスはЯoyの成長っぷりを物語るには十分の説得力がある。凄い。弐と愁のバッキングリフも随所にフックを効かせ聴き応えがあるし、左迅は血管がブチ切れそうなドスの効いたグロウルで怒りを吐き散らしていくし、どこまでも攻撃的な一曲だ。反骨精神に満ちた初期の攻撃的な姿勢以上の凄味、進化を証明してくれた事がとても嬉しい。

ギルガメッシュというバンドが私の興味の対象から完全に外れていたもんだから、そんな状態の私の目を覚ますには充分な一枚だ。故に、端的に感想を述べよ、と言われたら感激の一言しかない。アンダーグラウンドでDjentが流行っていたのは私の中ではもう5年くらい前という認識で、無個性量産の過去に流行ったモノという扱いにまで落ちていたんだ。何故なら界隈の中堅以下は未だに新しいグルーヴ・リフを編み出すMeshuggahに到底及ぶことはないし、Animals As Leadersの3作目の見事な復活劇やTesseracTのDjentは2作目が鬼門を打ち破る凄さに比べると、その他はドングリの背比べで面白みがない。昨今のヴィジュアル系でもこの手の音を聴く事が有り、若干驚きを隠せないところもあるが、EDMが遅れて日本で流行ったことを顧みればDjentが遅れて流行るのも同じことなのだろう。海外でのツアーも活発なギルガメッシュならば、Djentという時代の潮流と遭遇してしまうのは仕方ないか。ただ、ギルガメッシュの場合はこの音に染まり切ることはなくて、左迅のメロディアスなヴォーカルメロディーをちゃんとバンドの強みとしているし、紆余曲折色々やってきた中で身に付けたラップがDjentと上手いこと噛み合っているし、安易にDjentに踊らされず自己解釈と昇華が出来てるのは凄く感心している。賛否両論今までやってきた全ての事が10周年のこの1枚に総て纏まって進化した形で表現されている、これは素直に凄いと思う。

白塗り黒服礼装だったギルガメッシュが、ある時はポップなファッション系に、またある時は武士の姿に、極めつけは消防士の姿に…Fainal Fantasy Ⅴみたいなフリーダムなジョブチェンジっぷりは最早意味がわからなかった。いや、この場合はギルガメッシュチェーンジ、か(どうでもいい)。音楽性がもうエクスカリパーみたいな時代もあったけど、もう大丈夫。安心して下さい、履いてます。ウンザリして一度は離れた私みたいな人間でも引き戻し頷かせるには充分、『gravitation』の名に恥じない傑作だ。

最後にギルガメッシュとこの音盤を薦めてくれた我妹に最上級の感謝をッ!


| HOME |
管理人

竜美 悠(You Tatsumi)
故にッ!ふわふわドーナツ!
Recommend






















ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]