忍者ブログ
音楽を中心に雑多に書き散らしてるブログ。

Title:ヒカリアレ
Artist:BURNOUT SYNDROMES
Release:2016/10/21



アニメ ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校 第4話「月の輪」を観ました。
対ウシワカにドシャットを決めた月島くんのガッツポーズが見開き1枚絵で描かれたあのシーンは、この白鳥沢戦における見所のひとつで、原作漫画を何度読んでもあそこで泣く。それをアニメ版で観るのが本当に楽しみだったわけですが、全身を震わせながらキメたガッツポーズに雄叫びが加わり、もう普通に涙腺ダバーだった。"たかが部活"とのたまっていた月島くんに"その瞬間"が訪れて、アニメ2期第8話「幻覚ヒーロー」からの蓄積も相まって、もう…もうね!感無量ったらないよね!

そんな感じで毎週金曜日の楽しみ(生きる糧)となってるアニキュー!!ですが、セカンドシーズン第2クールより引き続きOP主題歌を担当するBURNOUT SYNDROMESの『ヒカリアレ』が先行配信されてからずっと聴いてる。主題歌付きのPVが公開されて耳にした時から良い曲だなぁと思ってたけど、改めてフルサイズで聴いて、メロディーが耳に残り、リリックが心に残る、"良い曲"だと思う。

Aメロのギターの静かなリフにベースが重なり、更にドラムスが重なって沸々と熱を燻らせてタメてタメて、からの「光あれ」のロングトーン!楽器隊も暴れてて超カッコイイよね!思わず一緒になって叫びたくなるほど清々しい解放感が堪らん。

この「光あれ」のフレーズを潔いほどにサビの各歌い出しの頭に置いて、繰り返し叫び、メインボーカルで叫んではバックコーラスで叫んで、幾度も幾度も耳に誇らしいメロディーを刻み込む。作品の舞台である県代表決定戦の決勝戦、センターコートという華やかなステージ、全国行きの切符1枚を賭けて闘う烏野と白鳥沢両チームを讃える応援歌の様で、このリフレインが実に心地よく全く飽きが来ない。

伸びやかに力強く歌われるサビ前半に対し、サビ後半は歯切れよくリリックを刻み込み、畳み掛けるように疾走していく。この緩急の妙がまたヤミツキになる。1コーラス目サビ終わりでは「光あれ」を予感させせつつ"あえて"空白で締め、ラスサビ終わりでは畳み掛け畳み掛けタメて最後の最後にきっちり「光あれ」で気持ち良くオチをつけるのが何とも痛快だ。

光あれ
大地を蹴る理由は唯一つ
もっと眩く俺は飛べる


特にお気に入りなのが1コーラス目サビのこの一節。
「もっと眩く俺は飛べる」なんかは主人公の日向くんの"最強の囮"を象徴するフレーズだ。また「大地を蹴る理由は唯一つ」は、作中でマイナス・テンポのバックアタックを決める際、影山くんが胸中で日向くんの事を語った"何のためにコートに居る? 点獲るためだろ!!!"これだ!ってなってハイキュー!!ファンというかわたくしがニンマリご満悦のフレーズでとても気に入ってる。

PR
[358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [347
管理人

竜美 悠(You Tatsumi)
故にッ!ふわふわドーナツ!
Recommend






















ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]