忍者ブログ
音楽を中心に雑多に書き散らしてるブログ。

Title:ようこそジャパリパークへ
Artist:どうぶつビスケッツ×PPP
Release:2017/02/08



「きみはじゃぶじゃぶ課金が得意なフレンズなんだね!すごーい!」

わたくしにとって待ちに待った2月第二週の新譜リリースの大本命と言えばMYTH & ROIDの『JINGO JUNGLE』だったのだけど、どういう訳かTVアニメ『オーバーロード』で主題歌枠を共にしたOxTの大石昌良によるジャパリパー♪こと『ようこそジャパリパークへ』の方へと没入していった。表現方法は異なれど、どちらも野性的な質感のあるアニメ主題歌を奇しくも同日にぶつけて来たのが中々面白い。一方は厳しさ、もう一方は優しさ。日常に日々お疲れ気味のわたくし故に、本能が求めるのはやはり後者だった。肯定、許容、無償の愛、ピースフルな歌に心の傷が癒されていく気分だった。そして、求めるがままに幾度も幾度も繰り返し聴き続けているうちにひとつの問いが生まれた。わたくしは何の"フレンズ"なんだろう?と。一昔前のわたくしなら"Janne Da Arcに詳しいフレンズ"としただろう。しかし、今現在のわたくしの大部分を構成するのはお花、故に"お花が好きなフレンズ"とでもしようか。なんかすっごくピースフルな響きじゃないか良いじゃないか。


進化なのか退化なのか

TVアニメ『けものフレンズ』の劇中では未だに明かされていない"フレンズ化"というキーワードがあるように、お花にも"あふん化"というよく分からない言葉が存在する。例文:近年の我々は開発運営に甘やかされ過ぎて"あふん化"が進行している、このような場合"あふん化"とはテキトーに言って退化を意味する自虐的な言葉だ。では、本題の"フレンズ化"とは進化を意味するのか?或いは退化を意味するのか?だ。

わたくしは"フレンズ化"とは進化を意味すると思っている。
Bメロ頭のリリック”けものは居ても のけものは居ない”が象徴するように『けものフレンズ』は一切の否定が存在しない全面肯定の世界だ。肯定するという行為は心の器が大きく総てを許す寛大さを持ち、且つ悠然とした状態でなければ成し得ない。究極に言って仏教の境地だ。それが当然の世界、それがジャパリパークなのだろう。だから2Bメロの"けものですもの 大目に見ててね"なんて言う事も当然のように互いに許されるのだ。相田みつをかナニかかッ!実際、バスに撥ねられても怒らないのだから凄い(いやいやどうかしてるとは思ったけど)。仏の教えも相田みつをの詩もユートピアだが、少なくともサーバルちゃんをはじめとしたフレンズたちはその境地に達しているし、我々ヒトよりも上位種であることは間違いない。すごーい!


和の歌:サーバルちゃんは実質金子みすゞである

和とはピース、つまり平和ってことね。ジャパリパークの様な究極の極地は、お互いが相手のことを知ろうとする所謂和の心というベースが出来上がってこそ成り立つモノだと思っている。もっと言えば和の心は相手を知りたいと想う愛と好奇心によって形成されるモノだとも思っている。5話「こはん」でもその辺りのことが華麗に描かれているので注目してもらいたい。

さて、"Welcome to"のすぐ後に対訳を並べる親切なリリックで始まるサビ、大事なことなので二回言ったのかどうかはさておき、ジャパリパークへの歓迎の挨拶は彼女らの心持ちでは大歓迎くらいに心(ゲート)を開いて我々を出迎えてくれているのだろうと想像しておく。更に続く"姿かたちも十人十色 だから魅かれ合うの"は彼女らが違うことに対する恐怖も拒絶も全くない事を証明すると同時に、好奇心の源を説明するのにこれ以上ないシンプルな答えだ。思い出すんだ、かつて『わたしと小鳥とすずと』を読んで違うことは良いことなんだと学んだじゃないか。アレは紛れもなく肯定と許容の世界だったじゃないか。こうなってくるとサーバルちゃんは金子みすゞが"フレンズ化"したフレンズなんじゃないかって思えてくるんだ。
極めつけにポスト・プログレッシヴ以降のAnathemaの如く和の心を以て包み込み締めくくる"はじめまして 君をもっと知りたいな"の心地良さよ。素直に向けられる愛情に、ただ嬉しく涙が出る。


罪の意識

グランドフィナーレとなる大合唱大円満のラスサビなんかは、サバンナの夕日に染まった黄金色の雨のシャワーを浴びているかのようだ。つまり最幸の気分だ。ここまで無償の愛で歓迎してくれるジャパリパー♪ではあるが、忘れてはならないことがある。ヒトは地球生物上最も危険で且つ有害な生物のヒエラルキーの頂点に君臨するということを。自己中心的に自然を壊し生態系も壊してきたヒトの罪はいくら黄金色の雨でも決して洗い流すことはできない。こんなヒトでも果たしてジャパリパー♪はWelcomeと言ってくれるだろうか?傍目に見ればユートピアなジャパリパー♪ではあるが、カバンちゃんの今後に対しナニかしらの不安を抱いてしまうのは、視えないディストピアに怯えているからか、或いは潜在的に罪の意識が刻み込まれているからか。。。


アライさん⇒新井さん…⇒新井P!?

そもそも何故わたくしがけものとお花を結びつけ…もといこじつけようとしたのかって話なんだけど、"あふん化"した騎士団長故に「なのだよ」口調被りでアライさんことアライグマにデージーの幻影が重なって視えるというか、ややこしいことに声も似ている始末だ。わたくしの中ではすっかりアライグマ=デージーという認識が出来上がっていた。で、本ジャパリパー♪の間奏部分でフレンズたちが思い思いに喋るのだけど、アライグマの「アライさんにお任せなのだー!」を聴いた瞬間、デージーのアライさん…新井さん?…お花は新井Pにお任せってことか!?という境地に至った。御陰で先日の公開生放送観覧で抱いた感謝の気持ちをまた思い出すことができたぜ。サンキュー♪oh フレンズ!


PR
[365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355
管理人

竜美 悠(You Tatsumi)
故にッ!ふわふわドーナツ!
Recommend






















ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]