忍者ブログ
音楽を中心に雑多に書き散らしてるブログ。
 『日本縦断アイドル乱舞2013』@SHIBUYA-AXへ行ってきました。
 ええ、結局行ってしまいました。でも、行って良かった。そんなお話をしよう。



 9nineと東京女子流の両サイドで発表があった当初は行く予定は無かったのだが(元々フェス系にあまり興味が無い)、禁断症状って言うのかな、やはり会いたくなってしまったのだよ。誰に?我らが女子流ちゃんに決まってるでしょうよ(もうダメだこの人)。そうとなれば答えは至って簡単だ。人生一度っきり。じゃあいつ会いにいくの?今でしょ!
 尚、ファイナルとなる東京公演は9nine/東京女子流/Cheeky Paradeに加え、スマイレージ/でんぱ組.inc/ベイビーレイズが参加した。

~そこに≪救済≫はあるのかしら?~

 まぁ、私的な話なのだが、最近精神的に荒んでいたりして暗黒面に堕ちるネガティヴ・ループに陥ってたりしてね。多分、私は無意識のうちに魂の救済を求めていたのだろう。確かに≪唄で世界は救えない≫んだけど、唄で人を笑顔にすることは出来るし、ささやかな幸福をもたらす事だってきっと可能なのだろう。現に私には実感としてそれを感じている。荒んでいた心が嘘の様に澄み渡り、今はとても清々しい気分なのさ。生きてるって素晴らしい!だなんて大仰な言葉も簡単に言えてしまうくらい心が軽い。そこに≪救済≫はあったよ。それが冒頭の「行って良かった。」という実に単純明快な感想に直結する訳ですが。それでは各グループの感想を適当にやっていきましょう。

Act1 Cheeky Parade
 スパガことSUPER☆GiRLSの妹分で、スパガ好きーな私の弟がやたら嫌ってたグループという程度の認識(酷い)。ごめん、お兄ちゃん音盤持ってるよ。。。BPMの速すぎるビートでゴリ押しのエレクトロ・サウンドは嫌いではないし、実際生で見てもそんなに嫌悪感を抱く様な印象は無かった。ただ、やはり楽曲と歌の聴き所に決め手を欠くなぁ、と音盤で聴いた時と印象はあまり変わらなかった。良い笑顔でパフォーマンス出来ていたのは良かった。

Act2 スマイレージ
 スマイレージを観るのは去年の夏のハロコン以来かな。衣装が酷いと定評があるハロプロにしては、スマの今回の衣装はどういう訳か可愛いじゃないか!?(酷い)アウェイでのMCネタがアレで苦笑モノだったが、傑作「有頂天LOVE」のテンションのアガリっぷりはやはり堪らんなぁ。観られただけで行った価値があると言うものよ。欲を言えば「ショートカット」を観たかったんだぜ。

Act3 ベイビーレイズ
 ファイナルに参加しているグループの中で唯一私がノータッチのよく分からないグループ。ファンのノリは実に熱かったが、ボクにはやっぱりよく分からなかったんだ。楽曲と歌の聴き所に決め手をかk(ry)ドラムが疾走してたから、とりあえずヘドバンしておいた。MCは特に無く、現れては去っていった印象だった。本当に何だったんだろうアレ。。。

Act4 でんぱ組.inc
 出た!最近ドラマ出演も果たしたで組。こちらもファンのノリが非常に熱く、ネクストブレイク特有の空気感があった。私は生で観るのは今回が初めてで、音盤で聴いた時の印象と変わらずフリーダム且つカオスで、でもオーガニックな人間味のある所が非常に愛らしく感じた。で組の空気感はなんか好きなんだよなぁ。よく分からないんだけどね、でも楽しかった!

Act5 9nine
 乱舞メインアクトのひとつ、紆余曲折あって何気にキャリアの長い9nineさん。今月発表したフルレンス『CUE』を聴き込んできた甲斐もあって、実際生で観て楽しかった。いやー良いじゃん9nineさん!Perfumeちゃん程ではないにしろ、バキバキのエレクトロで身体が勝手にウネウネ動いてしまった。キョンシーパラパラがカオスな「イーアル!キョンシー feat.好好!キョンシーガール」はやはり面白可笑しかったし、バキバキのエレクトロ「少女トラベラー」はテンションアガるし、〆にアンセム感漂う「SHINING☆STAR」と完璧な仕上がり。感無量ですた。うみにーの煽りが可愛すぎて全俺のハートが死んだ。決めた!オラ、ツアー行くよ!ワンマンでガッツリ観たい!

Act6 東京9nine流
 女子流ちゃんと9nineさん(何故かさん付けしたくなる)のコラボ。9nineさんからはちゃあぽん、うっきー、うみにーの3人、女子流ちゃんからはべーやま隊長とひーちゃんの2人、で「Wonderful World」。仲良さそうにイチャイチャしてて、実に、ハートフルだった(恍惚)。MCにさり気なく女子流ちゃんの「おんなじキモチ」を絡めてくるちゃあぽんマジグッジョブだった!空気が読める女性は素敵だぜ!

~やっぱり女子流ちゃん~

 トリは我らが女子流ちゃん、俺の青春!女子流ちゃん、俺の天使!女子流ちゃんでした。ここに至るまでに色々なグループをほぼ初めて観てきた訳だけど、女子流ちゃんのライヴを観ると妙に安心感が得られると言うか、魂の在処に帰ってきたーって言うのか、やっぱこれだよなぁ等としみじみしてしまった(過度にオイオイ騒ぐのは性に合わないようだ)。なんかもう溺愛の領域を超越してしまった事を再認識したよ。

―Set List―
1. Rock you!
2. Sparkle
3. ヒマワリと星屑
4. W.M.A.D
5. ディスコード
6. ふたりきり
7. 頑張って いつだって 信じてる
8. Attack Hyper Beat POP

 う~ん、攻めのセットリストだったねぇ。やっぱり、顎でリズムを取ってしまうグルーヴィーなダンス・ポップ・ミュージックは本当に良いよなぁ。聴いても体感しても気持ちが良いもん。メンバーのコンディションはここ最近観てきた中では上々の良い仕上がりだった。普段と違ってグダグダなMCも無く、良いテンポで楽曲を披露していったのも良かった(いつものグダグダも大好きですが)。ひーちゃんの煽りもナチュラルにアーティスティックで可愛さより格好良さが際立っていて惚れ直した。クライマックスの#7→#8は相変わらずのリミットブレイカーで、全てを出し切って完全燃焼させるだけの凄まじい熱量があった。いやぁ何度味わっても最高。トリに相応しいパフォーマンスでした。音楽の楽しさ面白さ此処にあり!


 『日本縦断アイドル乱舞2013』@SHIBUYA-AXの感想はやはり「行って良かった。」の一言に集約される。最前列で観れたこともあって普段よりも100%増しで楽しめたし、完全燃焼して濁っていたソウルジェムが完全に浄化されました。凄い満足感と清々しい気分がとても幸せに感じる。生きてるって素晴らしい!アイドルとはこうも人を幸せにするのだな、彼女達のスマイルはこうも人を幸せにするのだな。また一つ学んだ気がしたよ。

 さてこれで3月のイベントも終了、と言いたい所ですが、私は明日の女子流ちゃんFCイベントを楽しんできま~す(もうダメだこの人)。
PR
[312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [305]  [304]  [302]  [301]  [299
管理人

竜美 悠(You Tatsumi)
サンキュー!
アラーイさーん♪

島に転職しました。
Recommend






















ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]