忍者ブログ
音楽を中心に雑多に書き散らしてるブログ。


 去る9月9日に横浜はみなとみらいクイーンズスクエアで開催された19th『会いたい 会いたい 会いたいな』リリース記念ミニライブ&握手会のリリパ・ファイナル及び、「中島早貴のキュートな時間」公開収録への参加に引き続き、名古屋は新栄町ダイヤモンドホールで開催された「9月10日はキュートの日」に参戦してきました。正確には10日ではなく15日だが、今年は奇跡的に東京と名古屋の2公演が実現したようだ。これも着実に℃がファンを獲得し、領土を拡大している証拠だと言えよう。尚、本イベントは19thの各初回盤に封入されている応募券で応募し、当選する必要があるのだが、幼き頃に持っていた強運を置き去りにしてきた運貧乏である今の私でも名古屋公演一部二部どちらも当選したので、競争率はそこまで高くなく、比較的敷居は低めにあると見て良いかもしれない。(※追記:後で確認すると、落選もそれなりにあったようです。)

 さて、℃の日に初めて参戦してみての感想をざっくり言うと、「℃による、℃の為の、℃ファンの為の、トータル・アート・ライヴパフォーマンス」と言った印象だった。と言うのも、ご存知の方はご存知の通り、老舗ハロプロ発のアイドルは歌とダンスの音楽表現だけに留まらず多岐に渡る芸能分野で活動している。その一部として、あいりーとマイマイのソロ・パフォーマンスの後になっきーこと中島早貴を中心としたカオスな小芝居があった(笑)ライヴ後の一言でも本人らは「℃はこういう事もやるグループって事を知って欲しい」と小芝居への言及があったし、そういうコンセプトの元組み込まれたのだと理解できた。内容はまぁ、完全にファン向けの内容だったし、アイドルのライヴに免疫が無いと面白さへの理解には至らないような気がする。無論私は楽しんでいたし、中でも某アイドルグループAのかの有名なワンシーンをシニカルにパロディーしたのは岡井ちゃんよろしく「フフフフフ~」だった(?)というか、私も一部二部両方参戦の為、同じ小芝居を二回も観ることになったのだが(笑)、よく訓練されたチーム・キュートの皆さんの順応性は流石のもので、二部では岡井ちゃんの「フフフフフ~」が会場全体から響いていた。そう言った一体感もあり、二部の方がより面白く観ることが出来た。あと、二部の時に語られた岡井ちゃん家族全員からデブ説が語られたり、見所(?)もあったし、二度見て美味しい思いが出来た(ぇ
 小芝居の後になっきーソロ→リーダー舞美ソロと続いたのだが、一部公演では舞美が最後の最後でミスる事故が発生し(笑)、もうワンテイクすることになる事件があった。聴かせるバラード・ソングだっただけに、痛恨のミスと言えよう。二部ではしっかり歌いきり、何故かホッと胸を撫で下ろした。ソロラストを飾る岡井ちゃんはハード・ロケンローな楽曲で会場もヒートアップし、ラストのコーラスパートではメンバー全員が入り乱れるてんやわんやな、意味不明なテンションの上がり様が最高に気持ちよかった!
 「会いたい 会いたい 会いたいな」のB面であり、あいりーと岡井ちゃんのツートップ・ハーモニーで聴かせるハード・ロッキーな「悲しきヘブン」は終始ハモる高難易度の楽曲で、先日のクイーンズスクエアでは遠目に眺めていたためにその魅力を充分体感出来なかったが、今回は3人のバックダンスも含め充分に楽しむことが出来た。2人の歌唱力が素晴らしいのは言うまでも無く、バックダンスは非常に激しいパフォーマンスで、℃の歌唱力とダンス・パフォーマンス力だからこそ実現できた、という℃のレベルの高さを実感した。特になっきーのしなやかな身のこなしはピカイチで、またマイマイは髪を振り乱す表現力が素晴らしいなと思った。会場が最も熱くなったのは「Kiss Me 愛してる」(Janne Da ArcはKiss Me Angelである )だったように思う。いや、続く「JUMP」だな。コーラスパートを全員で大合唱だった。改めてアイドルライヴのこういった圧倒的な一体感は凄いと感じた。ちなみに私はリリックを把握してないにわかなので、それっぽくシンガロングした訳ですが、何となく合唱するには泣かせるリリックだという事は薄々感じていた。絶対必修科目として冬ツアーまでに予習しておきます。

 気付けばアンコールを含め計17曲+結構長い小芝居(笑)合わせ時間にして2時間程の℃マニア向けの濃い内容だった。今年チーム・キュートに新参者として加入した私は本イベントに関して、一部二部の入れ替え時間もあるし、公演は1時間程度が関の山か長くて1時間半程度だと予想していた。どうも私が情弱でした。通常のライヴ公演と変わらないボリュームだったし、初回盤購入コストや応募の当落、移動経費諸々を除けばライヴを観るのは実質タダである。無料である。そう、無料なのである。正直を言うと、クイーンズスクエアでのミニライヴは不完全燃焼どころか不燃静観状態だったので、今回は名古屋まで遠征して良かったと素直に思える良いライヴだった(こうして私は℃に惹かれていくのか)。当初はどちらか一部だけ当選だったら心が揺らいで遠征まではしなかったと思うと、今回は運貧乏でも多少なり運があったのか、これもまたデスティニーだったのかもしれない。彼女たちのこういった地道な活動が結果に繋がればと切に願うばかりだ。

 次回参戦は冬ツアーの東京公演を狙う予定だが、今回の満足度からもう一箇所くらい遠征してでも参戦してみたい欲求があるので、これはもう今年の冬コミは全日程不参加が益々濃厚になってきました(何かを得るには何かを犠牲にする=等価交換の原理である)。その前に来たる霜月に冬ツアーに備えて、現メンバーによるセルフカバー・ベスト盤のリリースが決定した模様です。アレンジ自体が新しくなったりしている様なので、カバーというよりはほぼリメイクに近いかもしれない。新参者の私には有り難いと同時に、年に2回も℃のフルレングスが聴けるのは嬉しい。ライヴ中のMCでも幾つか発表があったメディアへの露出が着々と増えているし、遅咲きも遅咲き過ぎるのだけど、℃の花が満開になる金色の春も近いのかもしれない。耳で聴くのではない。心で感じるんだ。キミのその魂で℃を感じるんだ!!(何この締め
PR
[289]  [292]  [287]  [286]  [285]  [284]  [282]  [281]  [280]  [277]  [279
管理人

竜美 悠(You Tatsumi)
故にッ!ふわふわドーナツ!
Recommend






















ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]