忍者ブログ
音楽を中心に雑多に書き散らしてるブログ。

Title:運命/ワンダフル スマイル(新井ひとみと松島湾子)
Artist:東京女子流
Release:2013/6/5


-Track List-
01. 運命
02. ワンダフル スマイル(新井ひとみと松島湾子)
03. ふたりきり -Royal Mirrorball Mix-
04. 運命(Instrumental)
05. ワンダフル スマイル(新井ひとみと松島湾子)(Instrumental)
06. ふたりきり -Royal Mirrorball Mix-(Instrumental)

-Total 31:47-



 女子流ちゃんこと東京女子流は私にとって間違いなく音のアルカディアの頂点だった。しかし、それも『運命』までの話だ(これについてはまた別の機会にお話しよう)。現とは果てしなく鉛色に染まった生き辛く鬱屈とした世界だが、せめて夢の中だけは白と黒がはっきり分かれていても良いのではないか。そうやって白と黒のコントラストで歪な幻想を視せてくれる東京女子流というグループはやはり私にとって貴重で心地の良い存在だ。2013年BEST最有力候補『約束』より約5ヶ月振りのリリースとなった『運命』は、ブラックネスとイノセンスの二面性が強く打ち出された東京女子流らしい逸品だ。


~Phase 4 『運命』~

 Phase 3の集約『約束』を経てNEXT女子流への序章となる『運命』は相変わらず黒いグルーヴが複雑に絡み合う強烈な楽曲だ。3rd JAPAN TOUR 2013 『約束』での先行披露で感じた印象は、正直に言ってらしさはあるが地味だった。が、聴けば聴くほど楽曲の強度、味わい深さに気付くにはさほど時間は掛からなかった。ただ、何故『運命』なのか?を語る術、導き出す術が私には無く、暫く沈黙を貫くしかなかったのだ。なぜならば運命とは明確な根拠を以て語らなければ完成しないのだから。
 『運命』は≪東京女子流サウンドのど真ん中≫と自ら語り、我らがべーやま隊長こと山邊未夢がNJS(ニュー・ジャック・スウィング)と形容している。確かに、悪の華こと『Bad Flower』の様なやや駄長気味で退屈ならしくないロック・サウンドから、ブラックネス/ファンクネスを強烈に打ち出し、仄かにポップネスを加味した東京女子流のオリジンへと回帰している印象が強く、楽曲の強度は相当に高い。まずはサウンド面からNEXT女子流はオリジンへの回帰と見ていいだろう。ただ、それだけでは根拠が足りない。もう少し探究してみようか。
 ここで何故『約束』からの『運命』なのか?がポイントとなる。そして、材料はしっかり『約束』にて示されていた。かの楽曲を私は≪遠く離れた友達同士か或いは友達以上恋人未満の男女のお話≫をメルヒェンに置き、そのアレゴリーを過去と現在と未来への女子流を繋ぐ≪初心忘れるべからず≫とした。その結果がNEXT女子流≪東京女子流サウンドのど真ん中≫であり、オリジンへの回帰だったと言う訳だ。しかし、それもサウンド面だけのお話で、更にヴィジュアル面でも提示されていた。運命と呼称される言葉から連想するものは何か?そう、紅い糸だ。薄暗く落ち着いた色彩の『約束』MVで一際目を惹く小指に結ばれたあの紅い糸こそそれだろう。そして、それは何処へと繋がっていたのか?「運命の紅い糸」、即ちこの『運命』なのではないか。さて、仕上げにもう一丁。『運命』では東京女子流が再び強気な大人の女性をアンビバレンツながらに演じている。一方の『約束』の視点はどちらとも取れるが、『キラリ☆』との密接な繋がりと二人称から男性寄りと私は考える。従って、『約束』と『運命』は≪男性≫と≪女性≫の関係が出来上がり、そのどちらも結び付けるのは紅い糸だったんだね。やはり、楽曲面もコンセプト面も強度があって、東京女子流には毎度感心させられる。最後に特筆しておきたいのは、とりあえずMVの豪華絢爛妖艶な凄味。或いは色々な意味でニヤけてしまうだろう。撮りたてのMVを目の当たりにして変な声で叫んだのは初めてだったかもしれない。アレ観て「買おう!」ってなったもんなぁ。


~初代天使×現代天使=ハイパーイノセンス~

 白のイノセンスを示す「ワンダフル スマイル(新井ひとみと松島湾子)」は、「松島えがお大使」を務めるひーちゃんこと新井ひとみが松島のちからプロジェクト・キャラクターである松島湾子と唄うテーマソングだ。とりあえず、このイノセンス……ヤバイ。鬱屈とした世界に染まり過ぎた私には、眼が焼ける程に眩しいこの半端ないイノセンス。リリックは彼女らが綴っているが、

≪ナンデモナイ ナンデモナイ≫
≪なつやすみでもない日曜日≫
≪おじいちゃんに 会いに行こう≫


なんなのこの娘!?溢れ出るハピネスとイノセンス、なんて良い娘なのっ!!一度聴けばすぐに口遊んでしまうハピネスに満ちたサビを聴く前から、この楽曲から放たれるイノセンスの凄味にもはや何もかもどうでもよくなってしまう。ふと、これだけ凄まじいイノセンスを放つ楽曲を誰が書いたのか興味が沸いたのでクレジットに目をやった。川嶋あい、とあった。何もかも納得した。≪天使の歌声≫と呼称された彼女だ、なるほどなと思った。これは敵わないわ(何が
 かつて第一線で≪天使の歌声≫を披露していた川嶋あいと新井ひとみが巡り会うとは、誰が想像しただろうか。これはそう!10年越しのデスティニーな巡り会いだ!もう私にはこれしか頭に浮ばなかった。初代天使(川嶋あい)と現代天使(新井ひとみ)のデスティニーな巡り会いによるケミストリーの果て、これがハイパーイノセンスであると。複雑でまどろっこしい感情なんて要らない。必要なのはシンプルな想いだけで良いのさ。徐々に大人の階段を歩みつつも東京女子流がいつまでもイノセンスを失わないのは、新井ひとみの存在が大きいのだろうと感じた。


 #03は『約束』に収録されていた「ふたりきり」をデトロイト・テクノにリミックスされたクールでディープなダンス・チューン。7分強もあって聴き応えも充分、踊り甲斐もある。C-Typeのみに収録されている「運命 -Royal Mirrorball Mix-」もまた約8分のハウスで、オリジナル版とは違うヴォーカルラインの躍動感と高揚感を感じられる良リミックス。『約束』の「Outro」のミックスに近い印象もあり、ある意味NEXT女子流はオリジナルよりもリミックスの方かもしれないなど、捉え方も色々出来て面白味がある。東京女子流は本当に恵まれている。本作の充実した内容にまたそう思うのだ。最終的には、ハイパーイノセンスハンパねぇ!に集約されてしまうが、溢れんばかりのハピネスとイノセンスと天使の微笑みさえあれば、鬱屈とした世界に染まろうともユーフォリアへと導いてくれるだろう。

 紅い糸で結ばれた3rdフルレングス『約束』と12thシングルス『運命』、そしてそれ等を永久の記憶へと閉じ込めたフォトブック『永遠』という一連の流れ、東京女子流陣営の采配は実に素晴らしかった。いや、完璧だったと言っても過言ではない。だからこそ、更なるNEXT女子流への采配の不甲斐なさは残念としか言い様がなかったんだ。次回【音のアルカディアの崩壊】に続く。


 

PR
≪生存報告  | HOME |  PLATINUM≫
[331]  [328]  [327]  [326]  [323]  [314]  [319]  [317]  [316]  [313]  [312
管理人

竜美 悠(You Tatsumi)
故にッ!
ふわふわドーナツ!

ふわふわドーナツが好き
アライさんが好き
ヘレニウムを愛してる

美希P
芳乃P
朋花P
も兼業しております
Recommend






















ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]